高血圧を放置しておくと悪化する割合

人の体内には血管がありその中を血液が流れています。血液は心臓から送り出されるもので心臓はポンプの役割をしており、血液を送り流しています。血管内の血液の圧力を血圧といいます。これは動脈の血圧のことであり、数値であらわされ収縮期の血圧が130mmHg未満で拡張期の血圧が85mmHg未満が正常の範囲とされています。
高血圧というのはこの血圧が正常の範囲を超えている状態で高く維持されています。
高血圧は放置しておくと良くないのは心臓病などの病気になる割合が高くなるということです。高血圧は生活習慣病の一つと言われ、あまり自覚症状がないという場合もあり、そのまま放置してしまうこともよくあります。
年齢が高くなってくると血管も硬くなってくることから血圧は高くなる割合も多くなってきます。中年以降に治療を行ってもすぐに治すことも難しいため、若いうちから対処しておくことが大切であり、塩分を控えた食事を心がけたり野菜を多く摂取するということ、喫煙はしないこと、適度に運動を行うということが大切です。
血圧が高い人ほど心臓病のリスクが高くなりますが、特に収縮期の血圧が140mmHg以上で拡張期の血圧が90mmHg以上になると急にその割合が高まってくることが分かっています。
高血圧を放置しないためにも普段から血圧を測定するなど自分の適正な数値を把握しておくことが大切です。病院で測定すると上昇してしまうという人もいるため家庭でも測定できるといいでしょう。
両親が高血圧の場合は遺伝的になりやすいとも言われていますが、きちんと塩分を制限したり、飲酒や肥満を防ぎ適度の運動を行うといった改善をすれば高血圧の発症を防ぐことも可能なのです。