高血圧による健康被害の代表例とは?

日本は高齢化社会になっています。しかし元気で過ごすことと長生きすることは違うものです。長い間闘病生活をすることはとても大変です。つらい症状と戦いながら過ごさなくてはなりません。それに経済的な負担も大きなものとなります。それとは違い病気をせず過ごせることはとてもすばらしいものです。好きなことができ好きなものを食べることができることはとても幸せです。そのように過ごすには若いときからの健康管理が重要です。定期健診を受けて病気を未然に防ぎ生活習慣を見直すことが大事です。元気で生活している人でも危険な状態であることがあります。気づかないことがあるので自分の健康状態を知るために健康診断を受けましょう。そのときに分かるものの一つに血圧があります。元気で過ごしている人でも高血圧の人がいます。若いときや病気にならないと高血圧を気にしないことがあります。しかし高血圧はとても怖いものなのです。高血圧になると毎日血管にかなりのダメージを与えています。血管が詰まったり破裂してしまう危険が普通の人よりかなり高くなるのです。血管障害の代表的なものに脳や心臓があります。脳梗塞やくも膜下出血があります。また狭心症や心筋梗塞になりやすくなります。そうなると死亡するケースが高くなったり、後遺症が残るケースが高くなります。高血圧はとても怖いものなのですぐに医療機関で治療しましょう。高血圧は薬を飲むことによって治すことができません。血圧をコントロールするかたちになります。ですからそれだけでは解決できないのです。減塩など普段の食生活を改善しないといけなくなります。ストレスをためないことも大事です。早い段階ではサプリメントも効果的です。高血圧も早期発見がとても大事なのです。

若年性高血圧に対する注意点

高血圧というのは、対処が難しい点もあるので注意が必要です。病気などの関係で一時的に血圧が上昇することもありますが、こちらは特別な手当をしなくても、病気が治れば連動して血圧も正常に戻りますので、それを待つのがいいでしょう。若年性という場合は、こうしたことも考えて対処することです。何らかの関係で、血圧が高くなったとき、お医者さんに行くと40歳代でも薬を勧められることがありますが、そのときは、「できれば薬はもう少し様子を見てからではいけませんでしょうか」と質問するのがいいのです。本当に薬の世話にならなければならない状態であれば、お医者さんは間違いなく「飲んだ方がいい」と答えますが、もう少し様子を見てもいい状態のときは、一か月後の受診とか、日常生活での注意事項などの指導で済ませることも多いからです。若いときには、ストレスや塩分取り過ぎ、運動不足、アルコール過多などで、一次的に血圧が高くなることもあります。これらの場合は生活習慣の改善で直ることもあります。薬を一度服用すると、中には直って薬が要らなくなる人もいないわけではありませんが、ほとんどの人が一生薬のお世話になるようになります。だから、生活改善で薬のお世話にならなくて済むなら、その方がいいというわけです。ただ、注意しなければならない別の面は、高血圧状態が続いているにも関わらず、薬を避けている状態が続くと、万が一の場合は、心臓に負担がかかりすぎてしまったり、脳をやられるということになる危険性があります。そうなると元も子もなくしてしまいます。薬はできるだけ避けたいのですが、それもお医者さんとよく相談し、自分勝手に決めないことがとても大事なことなのです。

高血圧予防のための食生活のアドバイス

高血圧は動脈硬化を代表として様々な疾患のリスクファクターとなることから、健康な生活を送っていくためには予防の観点が欠かせません。現代日本においては成人の4割、高齢者の半数以上が高血圧になっていると推定されていることから、誰もが気にかけなければならない疾患の一つとなっています。高血圧予防を行っていく上で重要になるのが触接かつの見直しです。日本において高血圧患者が多い原因の一つとして、日本の伝統的な食文化が影響しているという考え方があります。日本における食文化の代表的なものとして、うどんやそばなどの麺類や鍋料理に加え、保存食として広く用いられてきている漬物や調味料として独自の醤油や味噌があります。これらの食文化は日本人の生活として欠かせない物となってはいるものの、共通することとして塩分の過剰摂取につながってしまうというデメリットがあります。これに加えて、欧米などから輸入されてきた高塩分や高脂質の食事が導入されたことによって高血圧のリスクが高まってしまっていることは否めません。減塩食を心がけるというのが高血圧予防において最も有用な手段であり、食生活の中で塩分が過剰になってしまっている場合にはその削減を行っていくということが重要になるでしょう。塩分の高い食事をただやめてしまうのではなく、食生活の中にうまく取り入れていくという視点を持つと取り組みが長続きします。うどんやそばを食べるときにはつゆを飲まないようにしたり、漬物を食べる量を今までの半分にしたりといった取り組みだけでも予防に向けた取り組みとして十分なものとなります。そういった視点をもって食事を考えていくことが最も大切な点となるでしょう。
■高血圧や狭心症、不整脈を治療する薬
アテノロール